スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/16 (Tue)

チョコレート嚢胞〜エピローグ〜 

退院後初の診察となりました。

▼ 続き ▼

2013年3月19日(火)

診てくれたのはS医師。
診察はいつもと同じで、エコー、触診、傷の確認です。
術後初の生理も来て、卵巣がどうなっているかドキドキ
でしたが、エコー検査では異常なし。
術前には素人目にもはっきりと大きくなっていた右卵巣が
見違えるほど小さくなっていました。
(左は術前と術後では、それ程大きさは変わってなかったです)

肝心の病理検査の結果ですが、「異常なし」との事でした。
『異常はないだろうな』と思っていましたが、聞くまで少し
不安でした。

左に1cm弱の嚢胞ありと言われましたが、聞いたところ
「切った、と言うか、焼き切ったと言った方が近いかな」
と言われました。
左にあったのもなくなったので、良かったです。
(取ってくれればそれで私は良かったので)

次回の診察は「2か月後」と言われたので、5月に予約。
これにて術後初の診察は終了です。

今月に術後2回めの生理が来ましたが、やっぱり術前よりすっごく
少なくて、長時間用でも足りました♪
先月は『術後初の生理だから少ない』と思っていたのですが
今月も快適でした♪
(あくまで「術前と術後で比較して」の話です)
もちろん、「ぽろぽろ」もありません。
「しゃー」と出ている感じもありません。

今までは、昼間多い時は夜用を使用して、かつ、こまめにトイレへ
行ってましたから^^;
『漏れたらどうしよう・・・』『トイレどこだろう』と常に不安を
抱えていた日々がウソのようです。

本当に本当に迷って迷って悩んで悩みましたが、思い切って手術を
受けて良かったです。





<この記事を書くに至った経緯>

何回かに分けて書いたこの内容。
その経緯をあとがき代わりに。

私自身も生理のトラブルを抱え不安でした。
場所が場所なだけに、手術をするのもためらわれ。
でも『結婚したからにはそんな事言ってもいられない』
それでネットで検索をしてみたのです。

そうしたら、数多くの人達が(程度の差はあれど)悩んでいるのに
少しホッとして。
でもやっぱり不安が大きくて。

そんな中、「入院して手術を受けました」と書かれていた方の
ブログを発見して、何度も何度も読みました。
そして私が至った結論。

『盲腸(虫垂炎)とあまり変わらないのか』
(私自身、これしか入院手術経験がないので)

もちろん病院や医師の考えなどで違うのは分かります。
でも、『そんなに大きくは変わらないはず』と思えるように
なりました。
(でもやっぱり不安でしたよ?)
それで手術に至ったわけです。

『ブログに書こう』と思ったのも、そんな理由からです。

『多くの人が大なり小なり抱えているトラブル。
そして、手術をためらわれている方の力になれたら。
病院や医師によって、入院日数、手術方法などの違いはあれど
一つの参考には出来るはず』

そんな思いから書きました。
私が検索していた時に、『こういう情報も欲しい』と思ったので
出来るだけ今回これらの記事に関してはUpしたつもりです。
(どこをどれくらい切るのか、入院日数、費用など)

ひとつの参考になれば幸いです。
20:18  |  チョコレート嚢胞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sunhappy.blog5.fc2.com/tb.php/629-d0e95426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。