スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.03/13 (Wed)

チョコレート嚢胞~#1~ 

昨年は結婚が決まり、怒涛のような日々が終わり
『さてこれからこの問題をどうしようか』と
決断を迫られる場面へとなりました。

▼ 続き ▼

2013年1月9日(水)

年があけ、しばらくした後、ピル(ヤーズ)を貰いに通院。

この頃から『どんな手術をするんだろう』と調べ始める。
他の人のブログを読んでみたり、同じ症状で悩んでいる人の
Q&Aを見てみたり。

「腹腔鏡手術と開腹手術の分かれ目」
「術後の回復までに要する時間」
「手術を受けた人で、どれくらいで退院したのか」etc。
今必要と思う情報を集めました。

『腹腔鏡手術は、盲腸の手術と感覚的には変わらないのか』
この時の私の感想です。
(盲腸(虫垂炎)は、17年前に経験済みだったので)


2013年1月30日(水)

この日もピルを貰う為に診察。
そして、「手術を受けます」とS医師へ伝える。

「ピルの効果が出始めるのは2年経った頃」と
ピルを飲み始めた頃から聞いていたので、『あと1年半
ピルを飲んで、2年経って、「小さくはなってるけど
やっぱりこれ(チョコレート嚢胞)があるから妊娠
し難いんだよね」となった時、『何で早くに手術を
受けなかったんだろう(涙)』となるか、今思い切って手術を
受けるか』と考えた時、出る答えは一つでした。
月1の通院も大変だし

採血の後、造影剤を用いたMRIを受ける理由を聞いてみると
「ジャムさんの年齢だと、チョコレート嚢胞ががん化している
可能性は1~2%。もしがんになっていたら、後日また
手術を受ける事になるんですよ」

この後、「MRI撮影に際して」の確認事項を記入。
(例:ペースメーカーを付けていますか、インプラントを
使用していますか、喘息をもっていますか、狭いところは
苦手ですか、妊娠してますか(妊娠の可能性がありますか)
過去にMRIを受けて、気分が悪くなった事がありますか
刺青を入れていますか etc)

「別の病院で、造影剤を使ったMRI検査を受けて
下さいね」と、別な病院の予約表と「封のされた封筒」
「MRI検査について」「MRI検査説明書」も渡される。

「手術の日はいつでもあいてる」と言われたので
「3月1日(金)にお願いします」と伝える。
(この病院の手術日は、火曜・金曜と決まってるので)


2013年2月1日(金)

「限度額適用認定証」を夫の健康保険組合へ郵送申請。
週明けにはその認定証が届く。
(こう言う制度があるのを知りませんでした。
知ったのは、他の人のブログからです)


2013年2月7日(木)

造影剤を用いたMRIを受けに、紹介された病院へ。
保険証と渡された封筒を受付へ提出。

MRI前に血圧検査。

MRI撮影用の服に着替えるが、その時の注意点の
張り紙を発見(こんな感じの内容でした)
「ヒートテックなどの保温性を目的とした下着を着用
して撮影した場合、ヤケドをする事があります」
急遽綿の下着へと変更。
(知らなかったよ^^;)

最初は普通に撮影。
途中何度か「大きく息を吸って、はい止めて」の指示。
その後造影剤を腕から注射され(10cc)、再び撮影。
同じく途中何度か「大きく息を吸って、はい止めて」の指示。
撮影時間は、トータルで30分くらい。

撮影されたCDを渡され、その足で手術をする病院へ届ける。
(金額は約1万円でした)


2013年2月13日(水)

「術前検査(感染症検査)同意書」にサインをする。
検査内容:「梅毒検査」「B型肝炎」「C型肝炎」
「エイズ検査」の4項目。
検査目的:「手術に用いる器具を適切に消毒(殺菌)
する事により、他の患者からの感染、また、他の患者への
感染を防ぐ為」
まずは一本目の採血。

入院期間や手術方法を聞いてみたり。
「順調に回復して・・・と言う条件で言えば、
腹腔鏡は7日間、開腹なら10日間。
腹腔鏡なら、おへそのトコと、ビキニライン上あたりに
穴を計3ヶ所開ける。開腹なら、ビキニライン上あたりを切る。
麻酔は腹腔鏡、開腹どちらも全身麻酔。背中にも追加用の
麻酔の管をつけます(「硬膜外麻酔」と言うらしい)
管の太さは、・・・(管の太さに近い物を探す)・・・
このペン先くらいの太さかなぁ」

手術の時、「背中に管が入りましたよ」と実物を
見せて貰いましたが、シャーペンの先が一回りくらい
太くなったような管が2本見えました。
(医師が見せたペン先よりずっと細かった)

手術代についても聞いてみたり。
「腹腔鏡の方が高いよ?それに、腹腔鏡で受けて開腹に
なったら、費用は腹腔鏡になるよ」
どちらの手術で受けるかは、この時点では保留。

「腫瘍マーカーは半年前に調べたっきりか」と言う事で
二本目の採血(涙)
貧血なのに

あとは、肺のレントゲン写真、身長、体重、心電図
耳から出血させて、どれくらいで血が止まるのかの検査
入院に際しての説明・・・とこの日だけで、1時間30分の
診察となりました。
病院を出たのは7時。

この「入院に際して」の説明の際、「手足の爪を切っておいて
下さい」と言われたんですが、この時はその理由が分からず。
入院して、最終的な手術の説明の時、「手術中は手足を
固定させて貰います」と言われました。
この言葉を聞いて、『(手術に立ち会った)看護師さん達を
怪我させないようにする為ね』と私は解釈しました。

入院日は「2月27日(水)」となりました。
15:42  |  チョコレート嚢胞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sunhappy.blog5.fc2.com/tb.php/623-5252e8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。